玉名市にて地盤調査を行いました

雪がちらつく中、昨日は地盤調査に玉名市へ行ってきました。

スウェーデン式サウンディング試験という調査方法でこの土地の支持層までどのくらいの強度があるかを測ります。試験方法は杭に荷重をかけ回転させながら刺していき回転数やスピードで計測。この時に弱い地盤の層は無回転で沈んだりスーッと杭が入っていくんですよ。

1917年頃スウェーデン国有鉄道不良路盤の試験方法として採用し、その後スカンディナヴィア諸国で普及し、日本では1954年より導入されたためスウェーデン式と言われるんです。

今回は約10mの深さまで杭が入っていきました。この様に地盤を調査することで不同沈下による住宅への影響がないように基礎工事を検討することが出来ます。

特に地震大国の日本では重要ですよね。

天然モミの木の家 爽建ハウス|ブログサイト|

福岡市東区にて天然モミの木を使った健康的な家造りを提供している爽建ハウス株式会社のブログページです。

0コメント

  • 1000 / 1000